アフィリエイトの種類とメリットとは?アフィリエイトって稼げるの?

アフィリエイト

アフィリエイトは大きく分類すると①情報商材アフィリエイト②物販アフィリエイト③トレンドアフィリエイトがあります。

今回はそれぞれのアフィリエイトの特長と副業で実践する上でのメリットについて解説したいと思います。


アフィリエイトの種類は?


1.物販アフィリエイト
企業は自社の商品をインターネット上で販売したい場合に「アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)」と提携を結び商品の情報を登録します。

アフィリエイターもASPのサイトに登録を行い、売れる商品を探して企業と提携します。
そして、自分のブログやメールマガジンに商品情報を掲載し、自分媒体から顧客に商品を売ることができた場合、提携先のASPから報酬が得られる仕組みになっています。


ネットを巡回しているとダイエット食品や健康器具などを販売しているサイトを見かけると思います。
一見、企業の販売サイトに見えるものも、実はアフィリエイターが作ったサイトと言うことが良くあるのです。


物販アフィリエイトの場合、アフィリエイターが実際に商品を購入して使用し、レビューを行って販売することにより、成約率を上げることが可能なのも特徴です。


物販アフィリエイトは情報商材より報酬利率は報酬の数%と低いことが多いですが、購入率は情報商材より高く、うまくいけばほったらかしで報酬が入るしくみを作ることが可能です。


2.情報商材アフィリエイト
物販アフィリエイトの商品が情報商材となったものが情報商材アフィリエイトです。

情報商材がどんなものなのか想像できない方もいるかも知れませんが、お金を稼ぐ方法や英語が上達する方法、FXで成功する方法など多種多様の「ノウハウ」や「ツール」が販売されているのです。


情報商材アフィリエイトの特徴は売上げた場合の報酬額の高さです。

基本的に情報商材はpdfファイルで販売されていますので、コストがほとんどかかっておらず、アフィリエイターに売ってもらうのが主な販売方法になるので、1件の成約で数千円~数万円の報酬を得ることができます。



3.トレンドアフィリエイト
旬の話題やニュースやテレビ番組などに関するブログを書いてアクセスを集め、ブログ内に設置したクリック保証型広告リンクをクリックしてもらう事により報酬が発生するしくみです。


1クリックあたりの報酬額は表示される広告により変わり、平均すると20円程度ですが、誰でも手軽に実践でき、リスクがないのが特長です。


一見、稼げないように思いますが、このトレンドアフィリで月に50万円程度稼いでいる実践者もいます。


又、アクセスさえ集まれば、アマゾンや楽天などのアフィリエイトリンクから商品を購入してもらって、そちらからの報酬を得ることもできるのです。



どのアフィリエイトでも数十万~数百万まで稼いでいる人はおりますが、初心者が始めるのにオススメなアフィリエイトは間違いなく「トレンドアフィリエイト」です。

このトレンドアフィリエイトについては今後更に詳しく解説したいと思います。


副業で実践する上でのアフィリエイトのメリットとは?


紹介した3つの「アフィリエイト」には共通したメリットがあります
  • パソコンとネット環境のみで、好きな時間や場所でビジネスが可能
  • しくみを作れば本業以上の報酬を得ることが可能
  • 学歴や年齢、性別に関係なく実践することが可能
  • 不労所得のしくみを作ることも可能
  • 一度作ったしくみを家族に引き継がせることも可能


このようにアフィリエイトはとても魅力的なビジネスですが、当然ノウハウがあり間違った実践をするといつまで経っても稼ぐことはできません。

ネットでアフィリエイトと検索すると様々な人が稼いでいることが分かると思いますが、短期間で稼ぐことができる人はほんの数%です。


最初から高望みをして始めると挫折するのも早いです。

自分に無理のない範囲で段階的に目標をたて、着実に目標をクリアしながら、スキルを上げていった方が良いかと思います。

One Response to “アフィリエイトの種類とメリットとは?アフィリエイトって稼げるの?”

  1. […] 前回の記事で初心者が副業で稼ぐのにオススメなネットビジネスは間違いなく「トレンドアフィリエイト」であるとご紹介しました。 今回はもう少し詳しくトレンドアフィリエイトについて解説したいと思います。 トレンドアフィリエイトとは旬の話題やニュースやテレビ番組などに関する ブログを書いてアクセスを集め、ブログ内に設置したクリック保証型広告リンクを クリックしてもらう事により報酬が発生するしくみなのですが、 収益のしくみはとてもシンプルです。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ